冷えに注意

Theこむら返り予防スペシャル

冷えに注意

むら返りと冷え?どうして冷え性の人はこむら返りを起こしやすいのでしょうか。確かによくわからないですよね。
冷え性の人は、血液の流れが悪いのでふくらはぎの筋肉の動きが悪くなりやすくなるためです。
体質的に冷え性だという人はなかなか改善が難しいのですが、それでもある程度の予防は可能です。

 

また、こむら返りそのものは夏より冬場に起きやすいということからも、冷えとの関連性が伝えられています。
しかし、近年ではエアコンの普及により、夏場の睡眠中にこむら返りを起こしてしまう人が増えています。これは、暑いからと言ってエアコンの温度を下げ過ぎてしまっていることも原因です。

 

エアコンを使うことは睡眠そのものの質を高くするということで推奨されてはいるのですが、下げる温度が問題です。眠りによい適温を守ることが必要となって来ます。できれば25度くらいの設定にすることが大切です。
もし、その温度では眠りにくいという場合は、シーツなどを夏仕様のものを使ったり、アイスノンを使ったりすることで乗り切りましょう。眠りにつくまでは、確かに温度を下げた方がいいような気もするのですが、寝ている間にからだが冷えてしまい、こむら返りを起こすこととなります。

 

足が冷えないようにするということでこむら返りを防ぐことができますよ。


ホーム RSS購読 サイトマップ